ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

読書好き看護師おすすめ☆新人看護師がまず読むべき本

読書好き看護師おすすめ☆看護師が読むべき本

f:id:inakagurashinurse:20190211222533j:plain

看護師は自己研鑽が大事といわれていますが、どんな方法で新しい知識を取り入れていますか?研修やセミナーに参加、そして読書が一般的ですね。本好きなベテラン看護師が、新人看護師さんがまず目を通しておくべき本をおすすめします。

nurse-log.com

新人ナースさん向けに、急変対応でまず覚えるべきことについての記事を書いています。

 

【スポンサーリンク】
 

配属先の看護専門雑誌は定期購読がおすすめ♪

どの本を読もうかと悩んだら、まずは配属先の看護専門雑誌の定期購読がおすすめです。1年間読むことで、ほとんどの雑誌がその科に必要な知識を得られるように作られています。

 

私が今まで定期購読してきた看護専門雑誌の一部はこちら♪

脳神経外科に配属ならブレインナーシング

 新人時代の配属先が、脳神経外科だったのでまず定期購読したのがブレインナーシングです。脳神経外科看護師さんは必読です。

消化器内科・消化器外科配属なら消化器ナーシング

 消化器外科、消化器内科に配属なら、消化器ナーシングがおすすめ。現在、定期購読中です。全体的にメディカ出版の雑誌は、読みやすくてためになる特集が多いので、おすすめです。

 

看護専門雑誌の増刊号なら必要な知識がすぐ手に入る

看護技術や知識についてもうすこし掘り下げて知りたい、と思ったら看護専門雑誌の増刊号やムックをチェックしましょう。

 

 最近私の中でヒットした増刊号。夜勤で出会うことの多い手術の術後経過を手早くチェックできてとても助かってます。すぐ確認できるように病院に置いてあります。

 

病態や根拠の基礎固めがしたいなら病気がみえる

病気がみえるはメディックメディアの本ですが、図やイラストが多く人体の構造や、病態についてとてもよくわかります。

 

各科でそろって、最近は第2版が発売されていたりより充実しています。自分の勤める科については、持っておくのがおすすめです。

 

 私も、病気がみえるは脳・神経、消化器、産科を入しました。全巻制覇したいくらい読みやすくてためになります。

 

病気がみえる 〈vol.1〉 消化器

病気がみえる 〈vol.1〉 消化器

 

基礎看護技術は根拠も書いてある本がおすすめ

看護師をするならどの科でも必要になる技術が、基礎看護技術です。基礎看護技術の本は、いくつも発売されていますが、写真が多くて根拠がしっかり載っている本を選びましょう。

 

根拠と事故防止からみた 基礎・臨床看護技術 第2版

根拠と事故防止からみた 基礎・臨床看護技術 第2版

 

 第1版から愛用していて、第2版も購入した本がこちら。新人ナースのころからお世話になっています。

知識技術の習得にはまずはイラストが多くて読みやすい本から

難しい理論とか、たくさん書いてある本は読みごたえがあって好きなのですが、いきなりそこから入ると継続は難しいかも。

 

まずは、隙間時間に読むことができる本から読んでいくのがいいと思います。イラストが多くてかわいらしいのですが、書いてある内容はためになって本格的なおすすめ本を紹介します。

ねじ子のヒミツ手技

 医師の森皆ねじ子先生の本です。看護師にとってためになる知識や技術のポイントが解説されている本です、全体的にイラスト中心で読みやすいです。

ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson

ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson

 

世界で一番愉快人工呼吸器管理がわかる本

医師とナース、研修医の対話形式でとっつきやすい人工呼吸器の本です。人工呼吸器に必要な基礎知識からしっかりわかります。

 

世界でいちばん愉快に人工呼吸管理がわかる本: ナース・研修医のための

世界でいちばん愉快に人工呼吸管理がわかる本: ナース・研修医のための

 

看護の本は看護師の味方♪まずは1冊手に取ってみて

 

www.inakagurashi-nurse.com

 本が好きなので、看護関連の書籍は定期的に目を通しています。これからもおすすめの本と出会ったら紹介していこうと思います。

【スポンサーリンク】
 

©2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく