ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

【ママナースと子育て】復帰のタイミングと働き方によるメリットとデメリット

子育て中看護師の仕事☆いつ復帰する?どう働く?

f:id:inakagurashinurse:20190119112333j:plain

育児休業期間がもうすぐ終わる、いったん仕事を辞めていたけど再開を考えている。そんな悩みを持つママナース向けに復帰のタイミングや働き方について、メリットとデメリットをママナースたちに聞きました。ぜひ仕事再開時に参考にしてください。

【スポンサーリンク】
 

復帰のタイミングはいつ?ママナースたちの復職事情

復職のタイミングは大きく分けて3つあるようです。

  1. 育休を終えて元の職場に復帰する
  2. 保育園入院可能になった時に生活に合った仕事を再開する
  3. 小中学校入学後に仕事を再開する

ほかにもいろいろな事情で、復帰のタイミングがあると思いますが、私の周りではこのタイミングで仕事再開した看護師が多いです。それぞれメリットデメリットがあります。ママナースたちの意見をまとめました。

育休を終えて元の職場に復帰する場合のメリットデメリット

育児休業を終えて復職する看護師は、まず妊娠中から保育園などの申し込みを終えています。病院に託児所がある場合には、復帰する看護師が多いようです。

育児休業を終えて復帰する場合のメリット

  • 育児休業中は手当てがありすぐ働くことで経済的な安定が得られる
  • 休職期間が短いので、知識や技術に対しての戸惑いが少ない
  • 人間関係など新たに築くためのストレスが少ない

育児休業を終えて復帰する場合のデメリット

  • 小さい子どもを抱えて働くことの負担
  • 子どもが病気になった時の対応が難しい
  • 子どもが小さいのに働くことへの抵抗感がある

 

www.inakagurashi-nurse.com

 こちらの記事で託児所がある場合の子育て環境について実体験をもとに紹介しています。

たしかに小さな子どもを育てながら働くのは大変ですが、その分得られるのが経済的な安定。そして今までの仕事を継続できる自己実現。私が働く託児所ありの総合病院では、ほとんどのママナースが育児休業後に復職しています。

保育園に入所可能となった時にパートなどで働くメリットとデメリット

保育園に入れる年齢になった時に、仕事への復職を考えるママナースも多いです。パートや派遣、日勤のフルタイムなど生活に合った仕事を探すことが多いようです。

保育園入所時にパートなどで働くメリット

  • 生活に合わせた時間で働くことで育児と仕事のバランスがとりやすい
  • 看護師として働くことでの満足感を得られる

保育園入所時にパートなどで働くデメリット

  • 常勤で働くのに比べると収入は安定しない
  • 新しい職場で新たな人間関係を作る必要があり、子どもの病気の時など休みにくいこともある。
  • パートの場合、施設の託児所など利用できないこともある

小中学校入学時に復職するメリットとデメリット

子育てがある程度落ち着いた段階で、仕事を再開する場合も多いです。フルタイムからパートまで様々な勤務先を選ぶ場合が多いです。

小中学校入学時に復職するメリット

  • 子どもの教育資金に備えるための収入が得られる
  • 子育て以外にも仕事をすることで自分らしくいられる

小中学校入学時に復職するデメリット

  • 仕事をしていない期間が長いため知識や技術に不安がある
  • 学校行事が多く、仕事を休みにくい
  • 新たな人間関係を築くことでのストレス

 

www.inakagurashi-nurse.com

 意外と多い学校行事とPTA、、、私も常勤で働きながら活動しています。

生活に合った働く場所と復帰のタイミングの見極めがカギ

 

www.inakagurashi-nurse.com

 

仕事と子育てを両立するときに、個人個人で正解は違うと思います。生活を安定させつつ、子育てにもやりがいをもって生活していけるのが理想ですね。

 

子育てしながら働くときは、生活に合った仕事先を見つけることと復職のタイミングや、復職前の準備が大事です。こちらの記事で、ブランクがあって働くときのポイントや復職先について紹介しています。ぜひご覧ください。

マイナビ看護師

©2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく