ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

ナースウォッチの使い方☆看護師がつける場所や便利な活用法♪

看護師向けの時計ナースウォッチの使い方を紹介♪

f:id:inakagurashinurse:20180429224821j:plain

 看護師にとって時計といえば腕時計かナースウォッチの二択です。とくにナースウォッチは、腕時計にはない機能性から看護師たちに支持されています♪そんなナースウォッチの使い方を、愛用ナースウォッチとともに紹介します。

 

腕時計vsナースウォッチ

看護師が使う時計は、ナースウォッチと腕時計に分かれます。腕時計は、時間の確認のしやすさやデザインの豊富さなどの魅力があります。ただ、欠点としてはケアの時に不潔になりやすかったり患者さんの体に当たってしまうことがあります。このため、病院によってはナースウォッチが禁止の場合もあります。

 

病院で腕時計が禁止の場合は、ナースウォッチが必須ですね。そのほかにも、脈拍測定のためのパルスメーターなど、便利な機能がついているのもナースウォッチのメリットです

ナースウォッチをつける場所は?

すぐに見ることができて清潔に使えるのが魅力の胸ポケット

f:id:inakagurashinurse:20180429224807j:plain

ナースウォッチをつける場所は、主に2通りです♪ちなみに私は、胸ポケット派です☆胸ポケットにつける利点は、見やすいことと清潔に使えることです。

 

胸ポケットにつけている場合、ナースウォッチで点滴の滴下数を合わせる時に、一度胸ポケットから外して、点滴に近づけた状態で使用します。このため、着脱しやすいクリップと邪魔にならない短めのチェーンが便利です。

 

好みによっては、胸ポケットでもリールキーを使う看護師もいます。この場合は、ポケットからいちいち外さずに点滴の滴下数を合わせることができます。使わない時には、胸ポケットの中に収納しておきます。

邪魔にならない腰ポケットにつける看護師も多い

f:id:inakagurashinurse:20180429224814j:plain

 

 胸ポケットに、IDカードを着けたりボールペンを入れるという看護師の場合、ナースウォッチは腰ポケットにつけるほうが邪魔にならないという意見もあります。

 

ユニフォームによっては、PHSが落ちないように胸ポケットが斜めについているものもあるので、そういったときは腰ポケットのほうがいいですね。私も、たまに気分を変えて腰ポケットに入れることもあります。

 

腰ポケットにつける場合、短いチェーンではいちいち外さないと時間の確認がしにくいのでリールキーか長いチェーンがついたナースウォッチが便利です。

 

ナースウォッチの中には、チェーンの付け替えができるように短いチェーンとリールキーが付け替えられる2wayや3wayタイプも♪私が愛用しているナースウォッチは、キーホルダーも付け替え可能な3wayタイプのナースウォッチです☆

パルスメーターで脈拍測定☆

【リトルマジック】3種のチェーン ナースウォッチ 蓄光 3気圧 防水 逆さ文字盤 時計 クリップ キーホルダー チェーン リール 日本製クオーツ 懐中時計 (ホワイト 文字盤ピンク)

上のナースウォッチをみてみると、文字盤の周囲に見慣れない数字がついていると思います。これがパルスメーターと呼ばれるもので、脈拍を短時間で測ることができる機能です。

 

このナースウォッチの場合は、秒針は0秒か30秒を指しているところから20回脈拍を数えたときに秒針が刺している数字が1分間の脈拍になります。この機能があるないではだいぶ違います。便利です( ^ω^)…

 

 ちなみに、私が愛用中のナースウォッチはリトルマジックさんのこちら♪パルスメーターの部分がピンクのと白のものがありますが私が使っているのはピンク色のほう♪大人ナースが使っても素敵なシンプルデザインですが、長針や単身などさりげないかわいらしさが気に入ってます。

ナースウォッチは普段使いにも♪

 

www.inakagurashi-nurse.com

 ナースウォッチを選ぶときの基準を記事にしました。きっとお気に入りが見つかると思います♪

ナースウォッチは、バッグにつけてもそのまま時間を確認できますし、シンプルでかわいいデザインのものが多いので普段使いにもおすすめです。ぜひ、お気に入りを探してみてくださいね♪

【スポンサーリンク】
 

©2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく