});

ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

新人看護師と新人先輩ナース☆プリセプターシップについて

看護業界の教育制度の一つプリセプターシップとは?

f:id:inakagurashinurse:20180330085245j:plain

新人看護師として病院に勤務した場合、多くの病院でプリセプターという新人教育担当がつきます。プリセプターは、3年目くらいの看護師がなることが多いです。この制度をプリセプターシップと言います。新人看護師は、プリセプティと呼ばれます。

 

3年目看護師と言えば、まだまだ新人看護師の気持ちを理解できますし、知識や技術面でも充実してくるころです。もちろん、全部の教育をプリセプターが行うわけではないです。どちらかというとお姉さんやお兄さん的な役割が強いです。

【スポンサーリンク】
 

プリセプターにとっても成長の機会になっている

もちろん、初めて教育を受け持つプリセプターも、自分の知識を再確認したり、指導する側の役割について学ぶ機会になります。プリセプターだけでなく、さらに先輩の看護師がフォロー係としてついていることも多いです。

 

3年目というと、看護研究やケースレポートを行ったり、委員会が始まったり、日勤リーダーも始まったりと大忙しな1年。でも、3年目から看護師の仕事が楽しくなったという意見も多いです。大変な1年ではありますが、ぜひ自分の得意分野や好きな業務を見つけて看護の楽しさを感じてほしいと思います♪

 

私がいるのは、地方の病院なので若手看護師さんが少ないです。そのためフレッシュさに欠ける(^-^;私くらいの年代の看護師がプリセプターになることも。新人のころを思い出しつつ、関わっています。

新人看護師が元気に来られるようにサポート♪

個人的には、新人看護師さんは1年間病院に来られたら100点満点だと思っています。病院は、非日常が毎日続く場所なので、とにかく出勤してくることが一番大変なのだと思います。

 

もちろん、毎日の勉強や業務を丁寧にこなしていくことが大事なのは言うまでもないのですが、とにかく頑張って来ていれば身につくもが多いので( ^ω^)・・・

 

プリセプターに初めてなった看護師さんは、つい技術や知識の面に目が行ってしまいがちだと思いますが、ぜひ気持ちの面でのサポートを大切にしてほしいなと思います。毎日来たら100点だって伝えてあげてくださいね!

看護の道は長いです☆4月になると初心に立ち戻る

f:id:inakagurashinurse:20180218193630j:plain

偉そうなことを言ったって、私だってまだまだです。知らないこともあるし、できないこともある…。精神面でもまだまだです。

 

そして、新人看護師さんの感性とかやさしさとかフレッシュさに毎年初心に立ち戻る気持ちです。まぁ、新人看護師さんにとってはだいぶ年上になってしまいましたが…。相談しやすい頼りになる先輩看護師でいたいなぁと思ってます。

【スポンサーリンク】
 

©2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく