ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

看護師んちの雑草に近い(笑)野菜栽培☆こぼれ種・宿根草家庭菜園ベスト5

こぼれ種・宿根草で冬を越えて頑張ってる野菜たち

f:id:inakagurashinurse:20180223222007j:plain

はっきりいってママナースは忙しいし私はずぼらです。でも、家庭菜園では夏に野菜買わなくていいくらい育ててます。

 

ずぼらでも、忙しくても、看護師でも家庭菜園ができる秘密は、こぼれ種でも育つ、雪の対策をしなくても冬を越えられるたくましい野菜たちです。そんな、育てやすさ雑草級(実際、雑草に負けずに育っている)の我が家の家庭菜園ベスト5をご紹介します。

 

H30/4/22 青しその芽が出てきたので写真追加しました♪

第5位 1株だったのが勝手に3株になっている(笑)スープセロリ

一昨年1株だけ植えたスープセロリ。冬が明けたらなぜか3株になっています。す…すごい。我が家ではミネストローネスープに欠かせません。セロリよりも柔らかくて子どもたちも食べてくれます。

 

 

第4位 100均で買って増えすぎてる☆みょうが3年目

みょうがは、我が家ではごま油で炒めて中華スープでスープにします。薬味というよりはオニオンスープ的な使い方なので2~3個じゃとても足りません。

 

でも、小さな根っこを100均で!買って植えてから梅雨の時期と秋に大量に収穫できるので、思いっきり楽しめます。刻んで冷凍保存しているのですがそうめんの薬味にも欠かせません。まだ、根っこのみで芽が出ていない時期なので、写真は後日♪

 

 

ちなみにみょうがは柿のコンパニオンプランツらしいですね。

第3位 冬も枯れないローズマリー

ローズマリーは、刻んで鶏肉に塩と一緒に刷り込んでハーブチキンを作るのに使います。ブーケガルニにもいいですね!枝を切り取って水につけて置いたら根が出てきてどんどん増やせるので、そのうちローズマリーの生け垣を作ろうかな…というくらい勝手に育ってます。

 

 ローズマリーは立性と這性の2種類がありますが、我が家は立性。以前、這性のローズマリー育ててたら収集つかなくなったので(^-^;

第2位 冬対策しなくても生き残った明日葉

雪が降る地方ですが、冬対策もせずに生き残った明日葉。ちょっと青臭いですがてんぷらに最適です。卵とじのスープにも入れます。ぶちっと葉っぱを採ってもまた生えてくる便利な野菜です。

 

 

ちょっとずつ使いたい、家庭菜園に最適な野菜です。現在2株なので、もう少し増やしたいですね。明日葉のてんぷらたくさん食べたい( ^ω^)…

第1位 使い勝手が良くてこぼれ種から大量に育ってる三つ葉

去年、花壇とプランターに種をばらまいたら沢山収穫できたので今年も撒こう♪と思っていたのですが、なんと育った三つ葉の一部を放置していたら花壇もプランターもこぼれ種からたくさん生えてきました!!

 

なんていい野菜なんだろう。ちょっと癖がありますが、お吸い物に、冷ややっこやそうめんの薬味に、卵とじにととても便利です。家庭菜園で土に植えていると痛まないので少しずつ使えるのが良いですね。

 

 こぼれ種から雑草のごとく生えたので一度買ったらもう買わなくて済みそう。でも、水耕栽培もできるのでやってみたいかもしれないです。

番外編 勝手に毎年生えてる半野生化した青じそ

第1位から5位までご紹介した、育てやすすぎる野菜たちですが、その原点は野生化した青じそだったりします。こぼれ種から毎年生えていますが、うちの青じそが一番おいしいと思っています。夏になるとどっさり収穫できます。

 

とりあえず、家庭菜園向かない!って思っている方にこそ庭の片隅にでも種をばらまいておいてほしいです。

 

【種子】 大葉青しそ トーホクのタネ

【種子】 大葉青しそ トーホクのタネ

 

 

これからも、たくましい野菜を見つけて、勝手に毎年収穫できる家庭菜園生活を目指していきたいと思います☆

【スポンサーリンク】
 

©2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく