ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

災害時の車椅子での避難!階段があったら…を解決する階段対応車いすBest‐Chair

車椅子利用者が住んでいるのは1階と限らない…災害時の避難方法は

f:id:inakagurashinurse:20180219091653j:plain

車椅子生活をされている方が、1階に住んでいるとは限らないです。むしろ、福祉施設などの場合は1階に住んでいるほうが少ないかも…。

 

エレベーターで普段移動されているけれど、もし災害時エレベーターが止まったら…。車椅子に乗っている方が階段を使って避難するにはどうしたらいいのか?看護師としても家族として、経営者としてはなお一層考えておかなければいけないテーマだと思います。

 

 

 

歩行困難な要介護者の災害時や緊急時の階段避難☆3つの方法

  1. シーツを使用して担架のように運ぶ
  2. 2人の介助者が前後で抱える
  3. 専用のおんぶ紐(背負い輸送具)を使用する

 

背負い搬送具【収納袋付】

背負い搬送具【収納袋付】

 

 背負い輸送具という大人用のおんぶ紐もあります。

 

でも、私は一人で大人1人を背負って歩けるほど力がないです。1.2の方法は介助者が最低でも2人は必要になります。それに、安全かというと疑問が残ります。

 

【スポンサーリンク】
 

災害時の車椅子での避難には階段対応車イスも選択肢の一つ

Best-Chair 階段対応車イス

普段の移動にも利用できる、階段避難車。これなら乗ったまま、階段の避難もすることが可能です。体格が大きい方でも避難させることができそうです。

 

ただ、この間階段昇降の楽段(株式会社マルトミレンタ)に乗りましたが高いところからの昇降はかなり怖いです。そこのところを理解して、声掛けしながら利用することも安全に使用するポイントと言えそうです。

 

Best-Chair 階段対応車イス

Best-Chair 階段対応車イス

 

 

災害時に備えておくことがいざという時の安心に

 

www.inakagurashi-nurse.com

 食事に配慮が必要な方向けの災害時の食料の備蓄についての記事です。

 

災害時に、1次的な被害を受けなくても、停電などのトラブルは考えられます。平常時こそ、非常時に向けて備えていざというときに自分も患者さんも安全を守っていけるようにしたいと思います。また、有益な情報を見つけたら紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】
 

©2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく