ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

本好きナースのおすすめ☆循環器&心電図の本

心電図って難しい?おすすめ本で悩み解決☆

f:id:inakagurashinurse:20171128212531j:plain

心電図は病棟ナースなら、必ずといっていいほど必要なスキル。でも、なかなか難しいですね。循環器の看護師さんに教えてもらって読んでみたおすすめ本をご紹介します。

循環器でなくても必須な心電図☆マスターするための本とは

ハートナーシング2016年6月号炎の心電図ドリル5

 

 

 

 まずはここから。最低限押さえておきたい心電図の波形が問題形式で勉強できます。簡単なものから順番に並んでいるので、どこまでできるか挑戦しましょう。

ねじ子とパン太郎のモニター心電図

ねじ子とパン太郎のモニター心電図 改訂版 (ナース専科ポケットブックシリーズ4)

ねじ子とパン太郎のモニター心電図 改訂版 (ナース専科ポケットブックシリーズ4)

 

 いつものねじ子先生には、心電図でもお世話になってます。イラスト入りでとっかかりやすい内容です。

 看護に活かせる心電図ノート

看護に活かせる心電図ノート

看護に活かせる心電図ノート

 

 看護師が出会う致死性不整脈への対応方法など、看護師向けの内容です。イラストも多くてわかりやすいと思います。たしかに、波形がおかしい!筋電図(患者さんが動くことで出る波形)ではない→走る→大丈夫 大丈夫ならいいんです。まず、患者さんのところへ行くことが大事ですよね。

ナースが知っておく 循環器これだけガイド

ナースが知っておく 循環器これだけガイド

ナースが知っておく 循環器これだけガイド

 

こちらも、イラストが多くてとても分かりやすいと思います。心電図がメインの内容ではないのですが、循環器のはじめの1冊としてわかりやすくておすすめです。

むずかしいと感じる心電図も理解すれば強力な味方に

 

www.inakagurashi-nurse.com

 心不全看護についての本はこちらの記事で紹介しています。

 

 新人のころ、まず心電図が難しいと感じました。でも、心電図をある程度でもいいから理解できれば、ベッドサイドに行く前から患者さんの状態が予想できるんです。

 

もちろん少しでもおかしいと思ったら、患者さんのところに行くのが基本ですが、患者さんのところに走っていく間にもある程度どう行動しようか考えることもできるし、協力を依頼することもできます。まずは、わかりやすい本を読んで心電図を味方につけましょう^^

【スポンサーリンク】
 

©2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく