ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

看護師は仮眠が大事☆夜勤中に質の良い仮眠をとるためのポイント

不規則な看護師の勤務…夜勤中の仮眠が大切です

f:id:inakagurashinurse:20180425004357j:plain

夜勤に早番にと不規則な看護師の勤務体制。パフォーマンスを維持するためにも、仮眠を効率的にとることが大切です。夜勤中に質の良い仮眠のために工夫していることをご紹介します。

夜勤中の仮眠の効果は?

夜勤中は忙しくてなかなか仮眠が取れないという声も聞こえてきそうですが、日本看護協会によると夜勤後の疲労に対する効果は夜勤中の1時間の仮眠で夜勤前3時間の仮眠に匹敵するそうです。

 

サーカディアンリズムから考えると、睡眠は2時間単位が望ましいといわれています。このため、夜勤時の仮眠も2時間取れるのが理想です。

 

時間がなくて仮眠がなかなか取れない場合でも、10分間仮眠をとった場合パフォーマンスの改善がみられるそうです。医療事故防止の観点からも、短時間でもよいので仮眠をとるように心がけたいです。

夜勤中に質の良い仮眠をとるためのポイント

夜勤中の食事時間は仮眠を考慮して♪

まずは、夜中の食事を避けることがあげられます。でも、お腹はすきますね~。とくに、日勤後の深夜勤務はなんであんなにお腹がすくんでしょう??

 

胃腸障害を予防することと睡眠の質を高める観点から、食事してから仮眠までは3時間はあけることをおすすめします。

【スポンサーリンク】
 

仮眠前のスマホは注意が必要

仮眠前にスマホをいじってしまうと、睡眠の質が落ちてしまいます。気になってしまいますが、仮眠後に見るようにしましょう。アラーム設定でもよいのですが、目覚まし時計を仮眠室に置いておくと便利です。

仮眠から起きたらカフェインの入った飲み物がおすすめ

コーヒーや紅茶など、カフェインが入った飲み物を仮眠から目覚めた時に飲むと、眠気が早く取れるといわれています。私も、コーヒーを飲むようにしています。

仮眠でリラックスするためにアイテムを活用

 

 めぐりズム上記でホットアイマスクは、お世話になってます。短時間でリラックスできるのでおすすめです。ラベンダーなどいろいろな香りがありので好みのものを選ぶのがポイントです♪

 

 横になる場所があるのがベストなのですが、そういった場所がないところも存在します。そんな時に、短時間の仮眠をとるのにお昼寝用の枕が便利です。

病棟で話し合うことも大切

f:id:inakagurashinurse:20180218193630j:plain

仮眠が大切と言っても、なかなか仮眠が取れるような休憩が取れないという意見も多いです。実際、眠るどころか、休憩なしでひたすら働いて16時間経過するというのもよくあります( ^ω^)・・・

 

人間相手のお仕事なので、ある程度仕方ないのかもしれませんが、仮眠が取れるか取れないかで忙しい朝の集中力は圧倒的に違うと実感しています。

 

個人だけでは、解決しづらい問題でもあるので、病棟内で話し合うことも大切です。看護師のお仕事をより安全に、充実していくためにも仮眠について、しっかり考えていきたいですね!

【スポンサーリンク】
 

©2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく