ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

看護師の勉強ノート☆介入策としてのERASとESSENSEについて

ERAS(イーラス)で患者さんの回復力を強化!

f:id:inakagurashinurse:20171204210301j:plain

 

ERASはEnhanced Recovery After Surgeryの略で術後回復力の強化と訳されてます。良くみかけるのがこの図だと思います。

 

f:id:inakagurashinurse:20180330211618j:plain

第8章 8-2:周術期の栄養管理②─ERASプロトコル:実践に役立つ基礎と臨床の最新知見 | ニュートリー株式会社

ERASの概念

  1. 入院前カウンセリング
  2. 腸管の前処置なし
  3. 手術前夜~朝の絶食なし 水分・炭水化物の摂取
  4. 前投薬なし
  5. 経鼻胃管留置なし
  6. 硬膜外麻酔・鎮痛
  7. 短時間作用型麻酔薬
  8. 輸液、ナトリウムの過剰投与を避ける
  9. 創部の縮小化 ドレーン留置なし
  10. 体温管理:温風式保温
  11. 離床・歩行を促進
  12. 経口麻薬の非使用、NSAIDs投与は硬膜外麻酔終了後に行う
  13. 悪心・嘔吐の予防
  14. 腸蠕動運動の促進
  15. カテーテル類の早期抜去
  16. 周術期の経口栄養摂取
  17. 転帰・遵守状態の調査

介入策としてのERASとESSENSE

周手術期の回復を促進するためのプロトコールであるERASですが、日本の医療にそぐわない部分もあるといわれています。目標を定めて、その介入策としてERASを行うことでよりここに即した介入ができると考えられます。

 

日本外科代謝栄養学会では、ERASの意義と目標の関係を分類し、ESSENSとしてまとめています。

www.jsmmn.jp

【スポンサーリンク】

ESSENSE4つの目標と介入策としてのERAS

生態侵襲反応の軽減

ERASからの介入策

  • 浣腸や下剤などの術前腸管処置を行わない
  • 術前絶食を行わない
  • 硬膜外麻酔の有効利用で痛みのコントロールをする
  • 内視鏡手術が可能かなど検討し手術創を可能な限り縮小する
  • 術後疼痛制御の徹底
  • 低分子ヘパリン等の少量使用
  • 抗生物質単回投与
  • 術後低体温の予防のため手術室での温風式保温、術後の保温を行う

身体活動性の早期自立

  • 手術前に鎮静剤を投与しない
  • 短時間作用麻酔薬の使用
  • 術後経鼻チューブ留置しない
  • 不要なドレーンを挿入しない
  • 膀胱カテーテルを使用する期間をを短くする
  • 手術後の痛みへの対応を徹底する
  • 早期離床できるようにプログラムを患者とともに行う

栄養摂取の早期自立

  • 手術時の点滴を必要以上に行わない
  • 術後の吐き気に対しての対策を定型的に行う
  • 術後腸管の動きを活発にするための対策を行う
  • 手術後の痛みへの対応を徹底する
  • 手術後早期に食事を再開する

周術期不安軽減と回復意欲の励起

  • 入院前の十分な説明と患者も含めた目標の設定
  • 退院できる状態を明確にする
  • 退院後のフォローを確立する

ERASとESSENSEにおける看護師の役割

ERASやESSENSEについては、医師だけが行うものでなく看護師が直接的に関わる部分がとても多くなっています。看護師のかかわりとして以下の例があります。

  • 手術前の説明を患者さんが理解できているか確認し説明したり医師への橋渡しをする
  • 手術後の目標を手術前から立て不安への対応や早期離床できるように関わる
  • 痛みをNRSなどのスケールや患者さんの訴えから判断しコントロールできるように対応、異常の早期発見に努める
  • 吐き気への対応を早期に行う
  • 腸管の動きを観察し離床など促すことで早期に食事が再開できる

ERASとESSENSEは外科看護師の必須知識!

 

www.inakagurashi-nurse.com

 

以前、患者さんや一般の方向けにERASについて記事 ↑↑をまとめましたが、今回はどちらかというと医療従事者向けの内容になっていると思います。

 

外科看護師として働いて、徐々に知識も増えてきましたが、これからも精進していきたいですね♪

【スポンサーリンク】
 

引用・参考文献

日本外科代謝栄養学会 周術期管理ワーキンググループ,ESSENSE 日本外科代謝栄養学会周術期管理改善プロジェクト, 株式会社春恒社,2014,169p

©2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく