ナースの毎日は予想のななめ上をいく。

ナースの毎日は、思った通りにそうそういかない。子育てに仕事に、忙しいママナースに役立つ情報も公開。

MENU

【入院準備】入院に適したパジャマとは?パジャマの選び方Q&A

入院に適したパジャマの選び方をご紹介します

 

f:id:inakagurashinurse:20180218195834j:plain

入院の時に、いつものパジャマで大丈夫?選び方をご紹介します。

【スポンサーリンク】

Q:いつものパジャマではだめ?

f:id:inakagurashinurse:20171012215019j:plain

A:自分である程度動けて、たくさんの点滴やドレーン(管)がないのであればいつものパジャマで大丈夫です。前開きの一般的なパジャマを持っている方は、新しく買う必要はないと思います。

Q:今はほとんどベッドの上にいるけれどパジャマ選びで注意することは?

f:id:inakagurashinurse:20171012215011j:plain

A:寝たきりでベッドの上にほとんどいるなら、伸縮性のある少し大きめのパジャマのほうが良いです。あまりにピッタリサイズだと、着脱の時に、肘が引っかかったりして着替えしにくいからです。

 

布団の中では、寝汗をかくこともあるので裏起毛や厚いキルティング素材より、汗を吸う素材をおすすめします。

 

 Q:リハビリが始まったらパジャマで注意することは

f:id:inakagurashinurse:20171012215011j:plain

大きめのパジャマをおすすめしてますが、歩く練習や車いすに乗るなら、裾は引きずらないようにしましょう。

ちょっと長い時には裾に軽くゴムを入れるか、裾上げしたほうが良いです。

Q:むくみが強いけどパジャマで注意することは?

f:id:inakagurashinurse:20171012215019j:plain

病状によって、むくむことも多いです。まずは、締め付けないことが大切です。ウエストなどにゴムが食い込んでいませんか?いつものサイズでは、むくんだときにはきついことも多いです。

 

そんな時にはゴムを入れ替えるか、ワンサイズ大きめにしましょう。また、むくんでいるときは肌も薄く傷つきやすくなっているし、傷つくと治りにくい場合も多いです。伸縮性のある、肌触りの柔らかい素材がおすすめです。

 

Q:寒がりなんですが厚めのパジャマでいいですか

自分で選べる方は、ちょうどよいと感じるものでよいと思います。家族さんのものを選ぶ場合には、寒がりだからと厚い素材を選んでしまうと汗をかいて逆に冷えてしまうことも。

 

点滴などが多く、パジャマ1枚で着ることも多いので汗を吸う素材にしたほうが良いです。病院は空調管理されていることがほとんどなので、家にいるときよりやや薄めでも大丈夫なことが多いです。

肩当てやカーディガンなど、上に羽織るもので調節することをおすすめします。 

 

 こういう肩当て着ている方も見かけます。

寝るときの 体の冷えない不思議な首肩パジャマ M-L

寝るときの 体の冷えない不思議な首肩パジャマ M-L

 

 寒く感じるときには、首肩パジャマのように着脱簡単なものが良いかもしれません。

Q:パジャマの下にシャツを着たいけど?

f:id:inakagurashinurse:20171012215011j:plain

入院中は、シャツを着ないことが多いです。その理由として、点滴などがあるときに着替えるのが大変ということがあります。シャツを着る場合に、一般的な長袖の下着ですと、袖口がリブになっていて、採血や着替えがしにくくなります。

 

袖口が緩く、まくり上げられるものか半そでをおすすめします。点滴や管類がある場合、着替えにくいのでボタンが大きめで前開きの下着がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

Q:結局のところ入院中に適したパジャマって?

f:id:inakagurashinurse:20171012215000j:plain

1.ある程度伸縮性がある

点滴などで着替えが難しくなるので、ある程度伸縮性があるものがおすすめです。

2.汗を吸う素材で厚すぎない

冬場にもこもこした起毛素材のパジャマを持ってくる方がいますが、冬でも病院内は暖かいです。体調の変化で寝汗をかいたりもするので、汗を吸う素材で厚すぎない(スリーシーズン用など)にして、羽織もので調節するほうが良いと思います。

3.ボタンが大きめ

けがをしていたり、しっかり起き上がれないときに小さいボタンをかけ外しするのは意外と大変。大きめボタンにしましょう。マジックテープは、動いたときにはがれてしまうので基本的にはおすすめしません。

4.場合にによっては大きめサイズが良いことも

寝たきり、むくみが強い、皮膚が弱くなっている、関節の動きが制限されている場合などは、ワンサイズ大きめのパジャマをおすすめします。リハビリが始まったり、トイレで邪魔になるので、裾だけ上げるかゴムを入れるとさらに便利です。ただし、むくみが強い場合は食い込むので、ゴムはおすすめしません。

5.好きな色や明るめの色で気分よく

普段着よりも、少し明るめの色でもパジャマならおかしくなりません。少し明るめの色が、おすすめです。

 

 

 

 

個人的に、ワコールはパジャマも優秀だと思ってます。色もきれいで、汗も吸うし伸縮性も◎

 

 

  グンゼも、いいですね。ボタンも大きめです。

 

 

いろいろ書きましたが好みに合っていること大事です♪

f:id:inakagurashinurse:20171120225056j:plain

たくさん書きましたが、着る物って好みが大事ですね。そういうことも大切にしながら、快適に過ごせるパジャマをご用意ください♪

 

もし、質問などありましたらコメントにご記入ください。わかる範囲ではありますがお答えします。コメントは承認制なので、表示しないでほしい方はその旨明記してくださいね。
 
ご紹介した、アイテムはあくまで看護師として働いての個人的見解に基づきます。肌質や体質などにより使用感には個人差がありますことをご了承ください。

 

【スポンサーリンク】
 

 

©2017-2018ナースの毎日は予想のななめ上をいく